他の探偵事務所に相談に行くと「あなた本当に探偵をやった事があるの?」と言いたくなるような風体の人物が相談員として応対する事があります。現場経験のほとんどない経営者・営業専門がそうです。
確かに依頼人が女性の場合、同性の女性の方が相談をしやすいのだとは思います。しかし現場経験の無い人物が仕事を受けるというのは問題です。私達も調査員として大手探偵事務所に所属していた時期がありましたが、営業(面談)専門が契約を取るため、あるいはノルマを果たすために技術的に不可能な事案を依頼人に対して「できます」と安請け合いして困った経験が多々ありました。依頼人と現場の調査員の間に営業が入りますと、依頼人の希望が現場に伝わらないというデメリットもあります
このように、私達は現場経験のない人物は探偵事務所には必要がないと考えます。この様な無駄な人件費が依頼人の払う調査費に跳ね返っています。離婚探偵事務所は現場が出来ない人間が一人もいません。弊社が成功報酬を併用した安い調査料金で経営が成り立っている最大の要因です。