慰謝料とは

暴力や浮気などによって離婚することになった時に、その精神的苦痛に対する損害賠償のことを指します。よって「性格の不一致」「姑との折り合いが悪い」などのように、どちらにも非があると認められるような場合には請求することができません。
>>婚姻を継続しがたい重大な事由

慰謝料の算定基準・相場

離婚理由が配偶者の不貞行為(浮気)である場合、下記の要件に従って慰謝料の額が算出されます。

  • 夫婦の婚姻期間

  • 子供の有無

  • 浮気をしていた期間や頻度

  • 支払い能力

  • 財産分与の割合など

裁判離婚による慰謝料(財産分与額含む)の相場は300万円〜500万円と言われています。

浮気相手への慰謝料請求

浮気相手への請求も可能です。請求時に自分が離婚しているかどうかは関係ありませんので、婚姻を継続した状態で浮気相手への慰謝料請求をすることができます。
慰謝料の算定は下記の要件に従って額が算出されます。

  • 夫婦が離婚に至ったか

  • 不倫の期間、頻度

  • 積極性

  • 妊娠など

慰謝料の額は、おおよそ100万円〜200万円が相場であると言われており、離婚に至った方が高額になる傾向にあります。

時効

慰謝料請求の時効は、不貞行為(浮気)があった事を知った日から3年間です。