協会や消費者センターに寄せられる探偵への苦情・クレームで最も多いのは料金トラブルです。このようなトラブルが起こる原因として探偵社側の説明不足が挙げられます。探偵社と依頼人の間で起こりがちなトラブルを事例にあげて、その事例ごとに離婚探偵事務所の契約方法をご説明します。



■トラブル事例1



尾行調査×日間を×万円で契約したが、料金の根拠・内訳が不明瞭だ

  離婚探偵事務所では 離婚探偵事務所では
⇒ご契約時に料金に関する説明をご納得いただけるまでしています。基本料金や延長料金など調査において必ず発生する料金、他府県料金や緊急調査料金、予測される経費の内容や消費税に関することまで具体的にご説明し、おおよそのお見積り額をご提示します。
弊社の料金プランには1日単位で契約する基本料金契約と、「35時間/5日間/40万円」等といったセット料金とに分けられております。ご相談内容に応じて、依頼者様がご満足いただけるようご提案をしております。




■トラブル事例2


契約後、探偵社からの連絡がなく調査が行われているのかわからない・・・

  離婚探偵事務所では 離婚探偵事務所では
⇒契約時に日程をきちんと取り決めていますので、「全てこちらにお任せください」といったご契約は致しておりません。調査日時については依頼者様のご希望に沿う調査日程で調査を行い、変更がある場合は随時受け付けております。
契約の段階で最も効率の良い日程を検討し、こちらからご提案することもしておりますが、こちらで勝手に日程を組んで調査を進めていくことはしておりません。ですから「契約時の見積り額と、調査終了時の請求額が大幅に違う」という事は起こりません。ただし尾行調査は時間によって料金が変動しますので、対象者が6時間行動する予定で見積り額を出しても、実際の調査で12時間行動することがあり得ます。離婚探偵事務所では現場担当者と常に連絡が取れますので、調査料金に大きく影響しそうな状況になった場合は依頼者様と連絡を取り、その都度許可を取って調査を進めています。また調査当日に連絡が取り難い依頼者様とはご契約時に「調査終了の条件」をきちんと取り決めることもしております。




■トラブル事例3


電話をしても担当者が不在だと告げられる・・・

  離婚探偵事務所では 離婚探偵事務所では
⇒原則として面談(契約)をする者と現場を同じ者が担当します。契約時に担当者と密に連絡が取れるよう携帯電話番号をお伝えしておりますので、契約後または調査中など不審な点やご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。




■トラブル事例4


キャンセルを申し出たが、法外なキャンセル料を請求された

  離婚探偵事務所では 離婚探偵事務所では
⇒キャンセル及びキャンセル料に関する事もきちんと取り決めております。調査対象者の急な予定変更などにより調査予定日を変更したい場合もあるでしょうから、そのような時はご連絡ください。




■トラブル事例5


調査が終わり調査報告書を受け取ったが、自宅や勤務先の写真が数枚あるだけで、調査対象者の姿が撮影されていない。本当に調査したのかどうか疑わしい

  離婚探偵事務所では 離婚探偵事務所では
⇒証拠撮影はもちろんのこと、このような不審を抱かせないためにも現場到着から調査終了まで随時撮影を行っております。これは対象者が証拠となる行動(浮気相手とホテルへ行く等)を取らなかったとしても、行動を撮影して報告書と共に提出しております(動画はDVD化してお渡しします)。
>>撮影について