調査をスムーズに行うためには、依頼者様のご協力も必要になります。わかりやすく言えば、調査を行う前に対象者を警戒させるような行動は控えて欲しいということです。

【警戒させない】


ご自身や身内が対象者を尾行するなどは以ての外です。対象者が警戒して調査が困難になるのはこのケースが多数を占めています。
また過去に探偵に依頼したことがあるというのであれば、それについても事前にお伝えいただきたいと思います。他の探偵が何度も尾行していたため、対象者が既に警戒しているというケースがあるからです。対象者が警戒しているからといって探偵料金が高額になるという訳ではございませんが、そのような場合は事実としてご相談の際にお伝え下さい。

【普段通りに振る舞う】


調査を確実に成功させたいという依頼者様のお気持ちは、大変よく理解できるのですが、行き過ぎは禁物です。例えば調査予定日の行動を事前に把握しておくために対象者に何度も質問したり、携帯電話のメールを盗み見ようとしたりする行為などがこれにあたります。
対象者の行動が事前に把握できていれば私共も尾行しやすくはなりますが、尾行とは「どこに行くのか、誰と会うのかわからない」という前提で行うのが基本です。
対象者の前ではあくまで普段通りに振る舞うよう心掛けてください。

【その他】


その他の注意点として、探偵に相談したという事実が発覚しないように注意するということです。以下のようなものから対象者に発覚してしまうケースもありますのでご注意下さい。

  • インターネットで探偵社を探したときの履歴

  • 探偵事務所に電話をした際の電話のリダイアル

  • 実際に面談をしたときにもらった探偵の名刺や料金表など