null
※弊社提携工場前にて撮影

離婚探偵事務所の使用するバイクの条件
高速走行が可能なこと
加速性が良い
小回りが利く
エンジンの始動性が良い
車体が軽い(歩行者天国や商店街ではエンジンを切って押して歩く場面がある)
排気音が静か(主観ですが単気筒や2気筒に比べ4気筒の方が耳障りではない)
一回の給油で、200km以上走行できること

2台のバイクで現場に行くのだから、大型バイク(1300cc)とスクーター(250cc)というように特性の異なる2台のチームでも良いかと思うのですが、雨天時には携帯電話・無線機が共に壊れる事があり、仲間と連絡が取れずに、先行のバイクが単独で追尾をせざるを得ない場面があるため、それぞれの調査員が万能なバイクを使用するようにしています。

調査に使用する車両をご紹介します


◆バリオス(250cc/カワサキ)
バリオス・離婚探偵事務所東京
離婚探偵事務所では3台目になるバリオスです。最高出力を14,000rpmで発生させる超高回転型でありながら、低速からでも扱いやすいパワーユニットを搭載しております。車体も軽く、250ccながら400ccに匹敵する走行性能を誇ります。このバイクの最大の特徴は加速性の良さです。弊社が使用しているのは馬力規制前の45馬力仕様車です。

◆バリオス供複横毅娃磽磧織ワサキ)
バリオス2・離婚探偵事務所東京
上のバリオスがモデルチェンジし、「バリオス供廚箸覆蠅泙靴拭主な変更点はリアサスペンションが2本になったことです。

◆CB400SF バージョンS (400cc/ホンダ)
CB400・離婚探偵事務所
2006年8月に、高速道路においてかなりの猛スピードで走行する「ベンツS600」をバリオス・バリオス兇波行していたのですが、東名高速の御殿場付近で周りに車がいなくなり完全に引き離されてしまったため、その反省からこのバイクを購入しました。(断っておきますが、尾行が発覚していたわけではありません)

自動車教習所・バイク便に多く使用されている「CB400SF」の吸排気を最適化した上位モデルです。乗りやすく幅広い回転域で力強いパワーフィーリング、微妙なアクセル操作にも俊敏に応答するレスポンス性があります。250ccに比べて車体はやや重いのですが、余裕を持った高速走行が可能になりました。

◆CB400SF HYPER VTEC(400cc/ホンダ)
CB400SF HYPER VTEC・離婚探偵事務所東京
上のCB400SFがフルモデルチェンジした車種です。少し古いですが、99年当時、新開発のHYPER VTECエンジンを搭載し、高次元での卓越した運動性能と市街地での軽快な取り回しを両立させた車両です。

◆フォーサイト(250cc/ホンダ)
フォーサイト・離婚探偵事務所東京
離婚探偵事務所では初のビッグスクーターです。同車は他のビックスクーターに比べてホイールベースが短いため取り回しがとても楽です。何といってもシート下の収納スペースが豊富なので、調査機材を積み込むには最適です。

◆ゼファー(400cc/カワサキ)
ゼファー・離婚探偵事務祖所東京 title=
離婚探偵事務所では2代目のゼファーです。スタンダードな空冷4気筒400ccのモデルです。街乗りから高速まで使用でき、調査の現場においては十分に活躍できる性能を持っています。弊社ではスペアバイクとして所有しております。近日中に車体を黒に塗り替える予定です。

◆SRX250(250cc/ヤマハ)
SRX250・離婚探偵事務所東京
単気筒エンジンのため、ややパワー不足を感じますが、高速道路における尾行さえなければ十分に活躍できる性能を持っています。離婚探偵事務所ではスペアバイクとして所有しております。

>>尾行調査におけるバイクの重要性