浮気調査料金 安さの秘密 浮気調査・尾行調査 他社との違い QアンドA
null
さて平成17年4月1日より「個人情報の保護に関する法律」、いわゆる個人情報保護法が完全施行されました。
情報を取扱う探偵・興信所業にとっては、痛い法律ができるものだな、と思ったものですし、また一般の方々も探偵・興信所業を対象とした法案であると思った方は少なくないと思います。ところが徐々に法案の中身を知るにつれ、この法案の対象は、主に続出した企業の顧客情報流出に対するものであることが判って参りました。
ではなぜ探偵・興信所業が対象外なのか? その一番の大きなポイントは、「5,000件以上の顧客、並びに従業員等の個人情報を、コンピューターや名簿等でデータベース化し、検索できるような体制を取っていない」という点です。
この法案では、まず個人情報を5,000件以上保有している企業を「個人情報取扱事業者」として認定します。しかし探偵・興信所業の場合は、一定期間を以て個人情報を破棄している業者が多いことなどから、「個人情報取扱事業者」から除外される業者は多いものと思われます。
もちろん、取得した個人情報の取り扱いには最大限の注意を払い、依頼者、並びに対象者のプライバシーは確実に保護されるよう管理しております。
取得個人情報の取得について
適正かつ公正な手段により、必要な情報のみを取得いたします。
例えば盗聴器の使用など、違法な手段により情報収集することはありません。
下記のように、取得した個人情報により、調査対象者の権利・利益が著しく害される恐れがあると判断した場合は、その個人情報の取得を行いません。
個人情報 差別差別に繋がる調査内容の場合
個人情報 ストーカーストーカーなど、犯罪目的に利用される恐れのある場合
個人情報 犯罪目的その他、不当であると判断した場合

個人情報の利用について
離婚探偵事務所では、依頼者への報告以外に、個人情報を利用することはありません。

個人情報の管理について
調査終了後より一年間は、調査した対象者の情報を保管し、その後全て破棄致します。
この作業により、取得した個人情報が蓄積されることはなく、ほとんどの探偵・興信所業者も同様の作業をしているものと思われます。
対象者の情報を一年間保管する理由と致しましては、その後、調査を再開する場合や、また調査終了後、我々が調査した報告書等を元に、依頼者が対象者に対して訴訟を起こす場合等があるからです。どうぞご理解下さい。

第三者への開示・提供について
存在する探偵・興信所業では、ほぼ100%といってもいいくらいに「秘密厳守」を謳っております。当然、離婚探偵事務所でも秘密厳守を絶対としております。取得した個人情報を、第三者へ開示・提供することはありません。
離婚探偵事務所連絡先・東京都品川区西五反田2-15-10グリンデル五反田7F メールはこちら・離婚探偵事務所 メールフォームはこちら・離婚探偵事務所
お問合せ
メールはこちら

直通TEL
03-5437-5455

FAX 03-5437-5456

東京都品川区西五反田
2-15-10
グリンデル五反田7階

◆◆◆◆最寄り駅◆◆◆◆
JR線・東急池上線
・ 都営浅草線
各五反田駅より徒歩3分

相談無料・24時間受付
お気軽にお電話下さい