null
私達は手ブレのない動画を撮影し、提出できます。
10年前に一眼レフから、ビデオに切り替えました。業界ではかなり早い段階の切り替えでした。

最近の探偵の主流はビデオで撮影をして一部を静止画として切り出し、報告書に張りつけるようです。 なぜそのようになるかと言えば、隠しビデオ的なモノを使うので、しっかりとホールドが出来ずに画面が酷く揺れます。 揺れた画面の中から安定した動画の一部を切り出すのです。

私達は一眼レフで撮影していた時代を知っています。 その頃は私達も当然に一眼レフを構えて歩いてくる人物を正面から撮影していました。 ですから、いまどきの撮影機材ならばどのようなものでも小さく感じられます。 私達はこの時代の移り変わりに順応してきた歴史の中で、人の視野の中に死角があることを知っています。 だからこそブレのない安定した動画を撮影することが出来るのです。