実例としてお役に立ちそうなので書いておきます。
離婚協議書を書いてほしいと依頼が来ました。
「夫の顔を見たくないから、私の代理で公証役場に行ってほしい」という事なので「書類作成料(28,000円)+公証役場に行く手間(20,000円)=48,000円」で受けました。
いつもの事ですがクライアントに希望を箇条書きにしてもらう。
そしてまた問題が発生した。
「丁(浮気相手)は不貞の慰謝料として乙に100万円支払う」と箇条書きされていた。
離婚協議書 はあくまで夫と妻の契約書である。
浮気相手といえども第三者からお金をもらう約束を出来る訳がない。
でも夫としては浮気相手からお金を取ることが離婚するための絶対条件なのである。
なので夫と浮気相手の示談書を別に作成することにした。
ちなみに示談書の分の料金を上乗せすることを切り出すことは出来ませんでした。