尾行調査は対象者の都合が影響する為、調査の中でも時間が長く取られがちです。 調査を開始する前に「何のために調査を行うのか」という調査目的を明確にする事で、調査自体が短時間で終わります。 確実な尾行と効率的な調査によって時間を節約することは、ご希望の結果を得る為にとても重要なことですし、当然ですがその方が探偵料金も安くなります。

行動調査
調査項目
素行調査・浮気調査
調査内容
尾行・張り込み・証拠撮影など
基本料金
4時間
8万円
延長料金
30分
5千円
計算方法
基本4時間8万円+延長料金30分5千円=料金

その他

23区外料金:5千円
(開始場所が23区外の場合、又は調査が23区外に及んだ場合)
他府県料金A:1万円
(開始場所が他県の場合、又は調査が他県に及んだ場合) 
他府県料金B:2万円
(宿泊が必要な他府県での調査) 
待機料:2万円
(待機が必要な場合に発生します)
例:朝、自宅から勤務先まで尾行をし調査を一時中断。改めて夕方より退社後の尾行をするときなどは、朝の調査中断時から夕方の調査再開までの時間を、待機料として2万円いただきます。
緊急調査料金:(1万円)
(ご依頼から調査着手までが24時間以内の場合、緊急調査料金として1万円いただます。ただし「結果が出なければ翌日も」といった条件付の契約をしている場合にはこの料金はいただいておりません)
無料
バイクの使用は無料です。 
調査に使う機材費は無料です。 
下見調査料は無料です。
テープ代・現像料は無料です。 
報告書・DVD作成は無料です。
早朝・深夜割増料金はありません。 
実費請求

レンタカー代は実費としてかかります。
※レンタカーの使用は「調査開始後、現地にて張り込みの為に急にレンタカーが必要となった場合」と「地方にて長期張り込みとなり、レンタカーが必要となった場合」に限られます。レンタカーの使用の際には事前に依頼者様の許可をいただきます。

電車賃・ガソリン代・高速代・タクシー代等の交通費は実費請求になります。 
 
※タクシーは尾行の過程でやむを得ない場合を除き、使用することはありません。 
入店費は実費請求です。
 ※調査員は対象者の入店した飲食店・その他の店舗・施設に、その都度入店するわけではありません。依頼者様が店内での撮影を希望された場合と入店した方が監視が容易になる場合のみ入店します。仮に入店するような場合は、現地から依頼者様の許可を取り、最小限度の費用に抑えるよう心がけております。 
※調査経費についてはこちら
備考
調査員2名体制を基本とし、最低4時間からの契約になります。 
報告書・ビデオは調査の内容に関わらず作成致します。
新幹線・船舶・飛行機は 依頼者様との面談の時点で、予め打ち合わせをしておきます。例えば「新幹線に乗車したら調査終了」というように、調査終了の条件を決めておくことも可能です。
仮に依頼者様の予想に反して、新幹線や飛行機に乗るようなことがありましても、その前の段階でご報告申し上げます。
当社の証拠撮影能力は、業界・マスコミでも定評があります。