浮気調査料金 安さの秘密 浮気調査・尾行調査 他社との違い QアンドA
テレビ朝日系で1994年4月〜2002年6月まで放送されていた再会番組「目撃!ドキュン」の裏方として捜索していたのは私達です。
image

警察に捜索願いを提出しても、よほどの事件性がなければ捜索活動は行ってくれません。
本人が失踪中どこかで職務質問を受けた、犯罪を犯し逮捕された、事故または死亡した等というような現実があって初めて家族に連絡が入るものなのです。警察は「捜索願いが提出された」という事を全国の警察に通達するだけの事しか出来ないのです。

行方調査と所在調査の違いについて簡単にご説明いたします。

所在調査とは対象者の現住所を判明させることで、行方調査とは「対象者自身の所在」までの確認を行う調査となります。
ここでいう「現住所」とは住民票に記載されている現住所のことで、通常、住民登録を行っておりませんと、生活をする上で何かと不都合が生じる事から、引っ越しをしたら新たな住所地に住民登録をすることが一般的です。引っ越しなどをした場合、役所での転出・転入手続きにより、現住所が変更されます。
所在調査の場合、対象者がその住所地に居住しているのかどうかまでの確認は行いませんので、その作業は依頼者様自身に行っていただくことになります。

行方調査の場合は、現住所に居住していない対象者を調査・捜索する作業になります。依頼者様が、対象者に関する情報をどれだけお持ちかによって、判明率も変わって参ります。

行方調査と所在調査における代表的な依頼の例 
行方調査
image 夫婦問題により妻(夫)が突然の家出
image 息子(娘)が突然の家出
image 債務者の失踪
image 会社のお金を持ち逃げした

所在調査
image 生き別れになっている家族に会いたい
image お世話になった人に会いたい
image かつて交際していた(好きだった)人に会いたい

※最近では、ストーカーと呼ばれる人物が、探偵を利用するケースがありますので、場合によりお受け出来ない場合があります。正当な理由がある場合のみ調査をお受け致しております。
image
筆跡鑑定複数の書類間の文字について、形態・流れ、及び筆圧等の相同性や相違性の特徴を分析し、筆跡が「同一人物により執筆された筆跡か、否か」を判定します。

主に遺言状・契約書・領収書・委任状・伝票類・中傷文書、及び手紙等が対象となりますが、鑑定資料の状況によって「鑑定書」の作成提出期間が多少異なります。


» read more

怪文書とは中傷・暴露するのが目的で配布される出所不明の文書です。怪文書の種類は様々で、近隣住民に対する中傷文書に始まり、有名人や大企業、また政府を中傷するようなものまで多岐に渡っております。
しかし怪文書が送られてきたといって警察に駆け込んだところで、警察が本気で動いてくれることはないでしょう。犯人も特定できていないのですから告訴することもできません。やはり証拠が必要になって参ります。

» read more

怪文書・嫌がらせ、及び中傷文書等に付着した指紋「検体A」と疑わしい人物の指紋「対照B」を比較して、疑わしい人物がその文書を書いた人物か否かを判定します。

» read more

大きな利益を得るか、反対に重大な責任を負わされるかの分かれ目になる時、印鑑が「真正なもの」か「偽造されたもの」かを判定することは極めて重要です。

image
最近では、インターネットの普及などにより、ひと昔前とでは男女の知り合う機会が格段に増えました。 「出会い系サイト」で知り合った相手と結婚というケースも多くなったと言われています。
しかしながらそのような場合、相手の事を十分理解する前に結婚してしまい、後から後悔するケースも同様に多くなっているようです。

結婚は人生の重大な岐路です。一時の感情や、盲目的な恋愛の末に結婚するのは危険です。後に思いもよらない問題が発生する場合があるからです。
一度冷静になってお互いの関係を見つめ直してみてはいかがでしょうか?

こんな時は危険
・ 最近、婚約者の身内に関する理由で現金を貸すことが多い
・ 婚約しているが、なかなか両親や友人に紹介してくれない
・ 「会社が倒産しそうだ、金さえあれば・・・」と言われた
・ 婚約者に多額の現金を貸しているが、最近連絡がなかなか取れない
・ 結婚相談所で紹介された相手の過去がどうも怪しい
・ 自分のことをあまり話そうとしない
・ 連絡が一方的で、一緒にいるとき以外はなかなか連絡が取れない
・ 自宅を教えてくれない

結婚とは法的な契約を結ぶことです。それはあくまでも本人の意思に基づいて成立します。結婚の契約が結ばれたら簡単に撤回する事ができません。また離婚には大変な労力を費やします。

万が一離婚問題に発展してしまいますと、慰謝料や養育費などの金銭問題、並びに親権を巡る問題が発生します。そして離婚後あなたの戸籍には離婚歴が残り、その後の人生に少なからず影響を与える事と思われます。

調査に当たって
結婚調査のご依頼を受ける場合は、見合結婚か恋愛結婚かによって調査方法が変わって参ります。
まず見合結婚の場合、釣書(双方で取り交わす身上書)がある事と思いますので、その釣書に記載内容が事実であるかどうかの確認作業が主な調査となります。

恋愛結婚の場合は、本人や両親が、結婚相手に関して不安感をお持ちであることから調査を依頼されることと思います。何から調査すればよいかお悩みになるかと思いますので、離婚探偵事務所がご提案しております調査方法を下記します。


婚姻歴
⇒過去、並びに現在の婚姻の有無
借り入れ状況
⇒借入金の有無、並びにその金額
勤務先、並びに近隣住民への取材調査
⇒人柄や評判を取材し、依頼者様がお持ちの認識との相違点を確認します
素行調査
⇒1週間前後の尾行調査により交友関係・浪費癖・酒癖や立ち寄り先などを確認します



上記調査により、調査対象者に関することはおおよそ把握できることと思います。更に調査を進めてゆく場合は、調査対象者の両親、または親族など依頼者様のご要望に添う形で切り替えて参ります。
image
長引く不況にあえぎ、昨今では定期採用を控えて補充型の雇用が増え、求人の減少傾向は続いているようです。人件費削減のため、大規模なリストラの敢行や、また正社員からパート雇用にシフトするなど業種や会社の規模により様々です。求職者の受け皿不足が指摘されておりますが、経営改善のため企業は人件費削減に走らざるを得ないのも事実です。
しかし当然のことながら、優秀な人材を雇用したいという本音もあるようです。  「企業は人なり」。当たり前のことですが、組織を構成するものは「人」であり、その「人」があっての組織となります。企業を生かすも殺すも従業員の質にあると言って過言ではありません。
しかし、1枚の履歴書と数分間の面接だけで、その人材が企業にとって有益な人材なのかどうかを計ることは極めて難しいものと思われます。

そこで採用調査を行うことにより、採用後の不安が一掃出来る上、後々解雇するといった問題を避ける事もできます。
採用調査を行わないと判明しないケースは多々あります。適切かつ公正な選択をする為には、履歴書や面接だけでは見えない相手の経歴(学歴)、性格、勤怠面、前勤務先の退職理由、その他趣味趣向など、本人の申告内容を確認、並びに調査する必要があります。

採用調査は企業の危機管理の面からも必要不可欠なものです。

主な調査項目
経歴(学歴)
⇒履歴書の記載内容に虚偽がないかを確認します。
 
性格・素行
⇒「いい人」「真面目な人」ではなく、裏付けのある具体的な報告を心がけています。
 
健康面
⇒採用後に入退院を繰り返すようでは雇用側も困ることと思われます。そのようなことがないよう、採用前に本人の持病、疾患などについて調査いたします。
勤怠・能力・意欲
⇒「仕事は出来るが遅刻が多い」「意欲は認めるがムラがある」など、主に勤務態度に関することを調査いたします。
前勤務先の退職理由
⇒現在では求人情報誌等に「面接に有利な退職理由」のような記述もあります。採用前に「本当の退職理由」を確認するだけで、かなりのリスクを回避できるかもしれません。
生活状況等
⇒履歴書に記載されている現住所に自宅が存在するか。また近隣住民より普段の生活ぶり、並びに交友関係などを調査いたします。
趣味趣向
⇒主に浪費癖、酒癖、個人的な趣味などを調査いたします。
 
その他
⇒依頼者の指定事項により調査いたします。
 


東京などの都市に住む方は、近隣住民と活発に交流していない方が多いので、取材調査を行っても「交流がないので答えられません」といった回答をよく頂きます。
上記調査項目のうち、特に「 生活状況 」「 趣味趣向 」などは素行調査(尾行調査)によって様々なことが判明いたします。逆に交友関係、浪費癖、酒癖や立ち寄り先などは、素行調査を行わないと判明しないこともあります。(尾行調査のページへ
   
採用調査とはあくまで事実の確認であり、その調査対象である人物の長所や短所を面白おかしく書き立てたり、また秘密を暴露するようなものではありません。
私共探偵は依頼者である企業の利益を守ると共に、調査対象となる人物の人権も守ってゆかなければなりません。

個人情報保護法と採用調査の関係

採用調査を行う上で、個人情報を探偵等に提供することは、個人情報保護法に記されている通り、本人への通知を基本と致しますが、公益性や社会的妥当性、また調査を行う上で違法性や意図的な漏洩がない事、そして何よりも有意義な調査を行うこと等を考慮し、本人への通知なくして、第三者である探偵等への情報提供は問題ないとされております。
これは採用調査に限らず、例えば横領や競合他社への情報漏洩等の疑いのある従業員を調査する際にも同様です。
> 個人情報保護法
盗聴器は一般の方でも簡単に手に入れることができ、最近では小型化・偽装化され、そして高性能なものが、非常に多く販売されています。

盗聴により、あなたのプライベートな情報が何者かに傍受されているとしたらこれは大問題です。また、夫、妻、恋人、友達、父、母、など身近な人による盗聴が多いのもまた事実です。

しかし実状を申しますと、実際に盗聴器が発見されるのは10案件中に1件あるかないかといったところなのです。「思い過ごし」や「考えすぎ」といった方々も数多くいらっしゃいました。
ここで申し上げたいのは、私達が調査した結果、「盗聴器が仕掛けられてない」という事実が判明すれば、依頼者様の不安は解消され、調査した意味は十分あったであろうという事なのです。

盗聴器の場合、調べなければ有無の確認はできません。ホームセンターやデパート等で販売されている「簡易盗聴発見器」はオモチャ同然の性能しか備わっていなく、テレビやパソコンの電波にも反応してしまうためこれで盗聴器を発見するのは不可能です。

事務所または電話などの重要な会話をする箇所は定期的な点検をお勧めします。
まず「盗聴」とは「盗み聞き」のことで「傍受」のことではありません。
「盗聴」とは「通信機器などを用いて他人の会話を故意に盗み聞く行為」で、単に飛び交っている電波を受信機を使って聞く行為の事を「傍受」と言います。
盗聴機には、大きく分けて「室内(無線式)」と「電話(有線式)」で利用される2つのタイプに分類されます。これらの盗聴器は電器店を始め、インターネットや通信販売などで年間で数十万個以上も販売されております。
電話回線上に盗聴器を仕掛けると法律に抵触しますが、 単純に盗み聞く盗聴行為そのものを取り締まる法律はないのが現状です。盗聴器は人からのプレゼントに仕込まれていたり、また初めから自宅に設置されている場合もあります。

盗聴の中で圧倒的に多いのは、電波を使った方法です。室内や電話機に電波式盗聴器をに仕掛け、その盗聴器より発信される電波を離れたところから受信して、部屋や電話の内容を聞くという行為です。

何らかの情報を得る目的で盗聴器を設置するのが当然といえますが、単純ないたずら目的で盗聴行為をしたり、以前から設置されていた盗聴器を傍受したことから始まり、そのまま普段の生活を盗聴されてしまうこともあるようです。代表的な例を下記に挙げてみます。

image空巣の取り付け 生活パターン把握のため
imageストーカー 生活の様子や交友関係などの情報収集
image子供の素行調査 監視、または交友関係などの情報収集
imageいじめ対策 イジメられていないか確認のため
image商品開発情報 内通者による新商品開発等に関する情報収集
image内部調査 派閥争いのための情報収集
image退職者が設置 他社に売るための情報収集
image雇用者が設置 社員の本音を探るため
image財産相続 相続絡みによる情報収集
image興味本位に設置 風俗街やホテル街などに仕掛ける場合
電波とは電波法に定められている通り、「300万MHz以下の電磁波」のことで、総務省によって周波数や出力などが細かく決められています。しかし盗聴波に関しては他人のプライバシーを覗くこと等を目的に総務省の許可無く飛ばしているのです。
盗聴電波の周波数は、主にVHF・UHFが使われています。そしてある周波数に集中しており、140MHz・400MHz前後の周波数帯が主に使われています。下記表が代表的な盗聴電波で、これを「盗聴6波」と呼んでいます。

■代表的な周波数(盗聴6波)

Ach
Bch
Cch
VHF帯盗聴電波 398.605MHz 399.455MHz 399.030MHz
UHF帯盗聴電波 139,970MHz 140.000MHz 139.940MHz

主に電波を飛ばす発信機の事を呼びます。一般的に発信する電波は半径約100〜150mくらいの距離に届くとされていますが、高性能のものになりますと1km以上もの距離が出るものもあります。発信器は室内の音声をマイクで収集し、電波により外部へ発信します。その音声を聞く側は受信機にてこの音声を聞いたり録音したりするのです。盗聴機には、大きく分けて「室内(無線式)」と「電話(有線式)」で利用される2つのタイプに分類されます。

image 無線式
室内の中に設置し、その盗聴器より発信される電波を外部から拾い、盗聴する方式です。室内タイプには一見して盗聴器には見えないような偽造されたタイプが多く販売されており、時計やぬいぐるみ、電卓や万年筆を装ったもの、二叉・三叉コンセントや電話機のモジュラージャックに擬装したものまで、様々な種類が存在します。
電池を使用するタイプは、各機により期間は様々ですが、電池がなくなり次第電波の発信が止まります。逆に、コンセント裏に設置するクリップタイプや、コンセントから電源を供給するタイプは、発見して取り外さない限り、半永久的に電波を発信し続けます。

image 有線式
電話回線や電灯線に取り付け、有線を通して盗聴する方式です。電話タイプは、通話状態になると電波を発信し、電話を切ると電波の発信も同時に止まるため、録音機(会話のみを自動的に録音する録音機)との併用により、その電話で交わされた会話の録音が可能となります。また盗聴されている電話でかける電話番号は、録音されたテープなどに残っているパルス信号やプッシュ音から電話番号の解読が可能となります。そして電話タイプは回線から電源を供給している為、外さない限り半永久的に作動します。
無線式と比べ回路が複雑で設置には専門知識を要しますが、設置者側にすれば、発見されにくく、また第三者に傍受される心配もありません。仕掛けられた側にとってはやっかいな存在です。
※電話盗聴器はアナログ回線のみ有効です。よってデジタルであるISDN回線を使用している電話の盗聴はできません。

電話盗聴についての補足
これまで、盗聴器を仕掛ける事による盗聴について説明して参りました。しかしながら、電話の盗聴に関しては、盗聴器を仕掛けていなくても「傍受」により盗聴が可能です。それはコードレス電話を使用しているときです。このコードレス電話は電波を送信しており、その周波数は380.2125MHzから12.5KHzきざみで381.3125MHzまでのものです。送信距離は約100mです。従って、いくら盗聴器に注意していようとも、コードレス電話で通話していては意味がありません。ISDN回線の場合でも同じです。親機と子機の間はアナログであるため、コードレス電話で通話をしている以上、その会話は盗聴できます。ただ、親機・子機共にデジタルのものであるならば、盗聴される心配はありません。
ちなみに携帯電話やPHSはデジタル通信のため傍受される心配はありません。

image その他

コンクリートマイク
コンクリート・マイクとは、聴診器の様なマイクの先端を、部屋の壁へ押し当てることにより、室内の音声を聞くことができます。コンクリート・マイクの用途は広く、水道管やガス管のひび割れや災害時の人命救助の際にも利用されています。このコンクリートマイクは、鉄筋やコンクリートなど中身が詰まっていればいるほど音声が聞き取りやすく、例えば壁が中空構造の場合は音声振動が減衰してしまうため、マイクの性能が十分に発揮されない場合があります。ただこの方法は、盗聴者が対象者宅に接近せざるを得ませんので、盗聴者にとってはリスクの高い盗聴法になります。

超指向性マイク(ガンマイク)
単一指向性マイク(前面の音は拾うが後面からの音はほとんど拾わないマイク)より指向性を鋭くしたマイクです。指向性が非常に強く、マイクを向けた軸方向の音のみをよく捕らえ、周囲の雑音に対する感度は低く100m先の話し声も聞き取ることができます。しかしマイクの向きが音に正しく向いていないと、 ほとんど音声が録れなくなることもあります。

レーザー盗聴
室内の会話を遠隔地から盗聴するものです。声は音であるため微弱な震動を発生させます。レーザー盗聴器は、レーザー光線を窓ガラスに照射させ、会話によって生じた室内の震動による波長変化を解析することで、室内の会話を盗聴します。しかしながら設置が非常に困難であり、機材も数百〜一千万円と大変高価であるため、あまり使用されないといいます。

携帯電話
あらかじめ自動着信設定をした携帯電話を盗聴したい場所に置き、その携帯電話に電話をかけて通話状態にし、盗聴します。ただしこの方法は通話した時間だけ料金が掛かります。また充電も必要です。しかしながら従来の盗聴器とは違い、電波の到達距離を気にすることなく音声を聞くことが可能となります。おわかりかと思いますが、例えば盗聴者が北海道から電話をかけることにより、沖縄に仕掛けた携帯電話(盗聴器)から音声を聞くことができます。


各種データにより、調査致します。
詳しい調査項目についてはお問い合わせ下さい。

image
経営者の責任として、取引前に事前の調査は必要です。

企業関連調査のポイント 以下の項目が企業関連調査の主なポイントとなります。

image 商号・所在地・設立・資本金・取引銀行
image 株式数・役員・株主
image 従業員数・採用計画・営業所
image 代表者の生年月日・現住所・出身地・出身校・経歴・人物像
image 系列・関係会社
image 売上高・利益・配当・申告所得
image 仕入先・外注先・支払方法・得意先・回収方法
image 取引銀行・取引内容・担保設定状況
image 収益性・回収状況・支払能力
image 事業内容・業績の推移・最近の動向と見通し
image 不動産登記


企業信用調査

激変する経済情勢の中で、経営者は常にリスクと隣り合わせにある状況を迎えております。
企業における損失には様々なものがありますが、代表的なものとして下記の3つがあります。
,天災、並びに株・為替相場の変動による損失
,取引先への貸し倒れ
,社員の管理不足によるもの(情報漏洩や横領など)

上記項目の2,3は、想定しうるリスクといえます。可能な限りの対策を打つことは、企業防衛を行う上で大切な事といえます。取引先の正確な情報の把握、そして社員の管理等により、起こりうるリスクを回避することが可能です。

取引先の経営状態の把握
取引先が今現在どの様な経営状態にあるのか、今後の展望はどのようになっているのか等を調査いたします。
企業間においての新規取引先や既存取引先の与信管理には、企業情報の他に代表者や役員、主要取引先などの動向なども視野に入れておかなくてはなりません。これらの情報を総合判断して取引を行っていくことが必要であると思われます。

取引先の情報収集
◎取引先経営陣の情報収集
◎経営者名義の資産、並びに負債状況
◎債務者の転居先調査
◎その他、競合他社の情報収集や、ヘッドハンティングに関する人材調査等
    
社員の管理
主に競合他社への情報漏洩や、売上金の横領などを未然に防止します。
雇用時の人物調査を行わなかった事による問題、リストラに伴う解雇、競合他社への情報漏洩や社員の不正行為、並びに業務上横領など様々な問題などが挙げられますが、それらは日頃の管理によって防ぐことが可能です。
特に退職者の場合は注意が必要です。自らの意志によって会社組織を離れる訳ですから、何らかの不満を持って退職するケースも少なくないと言えます。また、リストラの一環で退職した場合などは、より危険であると言えます。
退職に際し、各社によってそれぞれルールを決めている組織が多いかと思いますが、場合によっては横領を行った社員の退職や、競合他社へ転職するための退職といったケースも想定せざるを得ません。特異な例かもしれませんが、例えば無断欠勤が続いている社員や、日頃から不穏な言動のある社員の動向調査等も行った方がよいでしょう。

◎社内の情報経路、並びにそれらを扱う人物の明確化
◎監視カメラの設置
◎盗聴盗撮の発見・撤去
◎雇用時の人物調査、並びに信用状況
◎退職した社員(リストラ等)の動向調査
◎失踪した社員(横領等)の捜索
◎営業マンの勤怠状況を監視
◎競合他社と接触している社員はいないか

最後に、この手の問題には影響されない企業もあるかもしれませんが、近年は情報保護が社会問題として注目が集まってきています。2005年4月からは個人情報を取り扱う事業者の義務を定めた個人情報保護法の施行が予定され、漏洩が発覚した場合には、企業の規模を問わず巨額の損害賠償を請求されるため、今後、企業内情報の漏洩対策は重要度を増して行くことと思われます。  >>個人情報保護法へ

「安心して仕事を任せられる人材なのか」「安心して取り引きできる企業なのか」。その判断を下す前に、客観的な信用情報は必要であると考えています。これらの情報は、今後、企業を経営してゆく上で意味あるものと考えています。
その人物の社会的・経済的信用度を調査いたします。

image
個人信用調査は、企業や経営に関する事から個人間での出来事まで、様々な場面で活用されております。
信用調査を行うことは依頼者様の権利であり、取引や交渉事、また人間関係などのトラブルを回避するためにも必要な調査です。
事の大小を問わず、依頼者様の利益・信用・名誉に関わる問題ですから、相手の情報を把握しておくことは、危機管理の面から見ても大変重要なことです。お悩みになる前にまずご相談頂ければ、依頼者様にとって不利益に繋がる事はないでしょう。

こんなときは調査が必要
・ 連帯保証人の依頼を相談されたとき
・ これから共同経営をするパートナー
・ ご家族の交際相手(結婚調査のページへ
・ 私生活における素行不良はないか
・ 人事異動や採用前に問題がある人物かどうか
・ 損害賠償の請求を行いたいが、支払い能力はあるのか
・ 競合他社の社員ではないだろうか
・ 儲け話を持ちかけられた


調査に当たって
個人を対象とする個人信用調査は、対象者の信用度を近隣や勤務先等における風評を始め、身元確認や資産・負債状況などの各種データ情報、そして普段の生活ぶりを調査する素行調査など、あらゆる面から調査して参ります。これらにより、あなたが必要とする調査対象者の社会的、経済的信用度を把握することができるものと思われます。
離婚探偵事務所がご提案しております調査方法を下記します。


身元調査
⇒ 勤務先や現住所、並びに本籍地等の確認
借り入れ状況
⇒借入金の有無、並びにその金額
取材調査
⇒人柄や評判を取材し、依頼者様がお持ちの認識との相違点を確認します
資産状況
⇒ 年収、預貯金、所有している不動産などを調査いたします
素行調査
⇒ 1週間前後の尾行調査により、交友関係(接触者など)・浪費癖・酒 癖や立ち寄り先などを確認します

| Next»
離婚探偵事務所連絡先・東京都品川区西五反田2-15-10グリンデル五反田7F メールはこちら・離婚探偵事務所 メールフォームはこちら・離婚探偵事務所
お問合せ
メールはこちら

直通TEL
03-5437-5455

FAX 03-5437-5456

東京都品川区西五反田
2-15-10
グリンデル五反田7階

◆◆◆◆最寄り駅◆◆◆◆
JR線・東急池上線
・ 都営浅草線
各五反田駅より徒歩3分

相談無料・24時間受付
お気軽にお電話下さい